« 平均買値77.5円で買った豪ドルが怖いぐらい上昇中 | トップページ | ユーロ/ドルの売りのトラップトレードを仕掛けました »

来週はユーロ/ドルの売りのトラップトレードが正解か

現在のユーロ上昇は今後、複数回の利上げをすでに織り込んでものとなっている模様ですね。

これ以上の上昇があるとすれば、利上げの拡大幅ですが、ソブリンリスクを抱えるユーロ圏では、サプライズとなるような一度の大幅な利上げは難しいと考えます。

従って、利上げを理由としてのユーロ/ドルの上昇は1.4284を超えるまでには至らないような気がします。

今のユーロの動きは、利上げ期待とくすぶるソブリンリスクの綱引きなので、利上げ期待が静まればソブリンリスクの方が注目されることになりユーロ/ドルが売られる可能性が高そうです。

また、来週は米雇用統計が出る週なので、ポジション調整(今まで上げていたユーロが売られてドルが買われる)のもユーロ/ドル売りの支援材料となります

来週の主な動きです

  • 3月28日(月)
  • 3月29日(火)
  • 3月30日(水)(米) 3月ADP全国雇用者数
  • 3月31日(木)
  • 4月 1日(金)(米) 3月非農業部門雇用者数

最近の発言では、米地区連銀総裁が、「米経済は勢いをつけており、基盤は強固で、政策当局は近い将来出口戦略が必要になる」と指摘した発言も同様にユーロ/ドル売りの支援材料となりそうです。

以上の事から、来週は週初めの動きを見ながら、ストップロスを1.4324(1.4284+0.0040)あたりに設定したユーロ/ドルのトラップトレード10本で勝負しようかなと思っています(リピートはさせません)

|

« 平均買値77.5円で買った豪ドルが怖いぐらい上昇中 | トップページ | ユーロ/ドルの売りのトラップトレードを仕掛けました »

トレード結果+α」カテゴリの記事