来週のユーロドル急落か!急騰か!うまく立ち回れば大きく稼げそう

来週は、ギリシャで緊縮財政法案の採決が予定されており、結果次第ではユーロのみならず世界の金融市場をも揺るがしかねないとみられております。

ギリシャについては「デフォルトは絶対ありえない」とは市場は見ていないので、リーマンショックの時のような世紀の相場にはならないとは思いますが、緊縮財政法案が通るか通らないかで、相当な変動があると思います。

ユーロドルの売買に関しては、市場は結果次第で大量の資金を為替相場につぎ込む体制完了(ポジション調整完了)の雰囲気を感じます。

また、結果が出るまでは売買が控えられ、変動幅が抑えられると予想される反面、ちょっとした噂や要人の発言によって一時的にボラティリティが高まる場面もあるでしょう。

このような場合、相場に急落または急騰が発生し、それっとばかりに相場の動いた方向に乗ったら、すぐに値を戻してストップロスのような失敗が懸念されます。

相場の予想としては・・・

ギリシャ緊縮財政法案の採決が通った場合 → 急騰、更に7月のユーロの利上げ予想も相乗効果となり、1.4700を目指して、数百ポイントの上昇を予想します。

ギリシャ緊縮財政法案の採決が通らなかった場合 →急落、1.3600を目指して、数百ポイントの下落を予想します。 

急騰となった場合でも、緊縮財政がそのとおり行われるかは別の問題なので、常に利益確定のタイミングを意識したトレードが必要でしょう。

一方、急落となった場合では、ECBとIMFが無策のまま落ち続けるユーロ相場を眺めているだけとは考えにくいので、次の一手を考えるはず(すでに考えているかも)ですので、大きく下髭を伸ばしてリバウンドする場面があったら、そこで利益確定するのも一考でしょう。

実際の作戦ですが、今回もダブルの逆指値戦法で行くことにします。

1.4386+40=1.4426 急騰相場を予想した逆指値

1.4180 土曜日のNY終値付近 ストップロス

1.4000-40=1.3960 急落相場を予想した逆指値

急騰相場を予想した逆指値は、直近高値+40P(オーバーシュート分を考慮)の1.4426とし

急落相場を予想した逆指値は、1.4000-40P(オーバーシュート分を考慮)の1.3960としました。

ストップロスは、双方とも土曜日のNY終値付近とする予定です。

上下方向に大きな間隔を取った逆指値ですのでどちらも約定しない可能性もありますが、もしそうなら市場の思惑の読みが間違っていたと思いあきらめます。

|

ユーロドル、ギリシャ債償還の進展の思惑で上昇する相場となるか

来週の予定です

20日(月)
ユーロ圏財務相会合
EU財務相理事会

21日(火)
独ZEW景況感指数
米中古住宅販売件数

22日(水)
米FOMC政策金利発表
バーナンキFRB議長 記者会見

ポイントは20日(月)のユーロ圏財務相会合です。ギリシャの支援について話し合いが行われますので、ギリシャ債償還についてなんらかの進展があるはずです。少なくても市場はそう思っているはずです。

ウルトラC的な問題解決策が無いのは折込済み、問題解決についての会合なので、結果が「なんだ、そりゃ」と思う内容でも一定の進展があったものと判断される可能性が高いと見ています。

特に、ギリシャ債償還に対する民間債権者の関与に関して強行な姿勢を示していたドイツがフランスやECBに対して譲歩の姿勢を見せたことは大きいポイントだと思っています。

従って、月曜の朝から、押し目があれば積極的にユーロドルは買っていきたいと思っています(当然ストップロスは必須ですよ)

思惑で上昇する相場に乗る作戦です。

水曜日には、米FOMC政策金利発表があるので、それまでに利益確定できれば作戦成功です。

FOMCは、引き続き緩和姿勢の継続の表明となる可能性が高いので、その後はドル売りになりそう(ユーロドル上昇)ですが、市場はユーロを売るきっかけを待っている雰囲気を感じますので、FOMC後は意識は常にショートの方向でいるのが良いと思います。

↓たまに押してくれると嬉しいです^^

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

|

ユーロ急落に備えました。ユーロドル8万通貨ショート&豪ドル円利益確定。

ユーロ圏財務相会合でギリシャ救済の合意を目指して14日に非公式で行われた会合は物別れに終わったようですね。

いよいよ市場に対してギリシャ問題のごまかしが利かなくなってきたというか、万策尽きたような雰囲気を感じます。

今後の為替の方向としては、リスク回避(ユーロ急落)の流れが強くなってきたと見ました。

戦略的には、リスク回避相場を予想しましたので、利上げ予測で上昇した豪ドル円を薄利(+2万円)でしたが早めに利益確定しました(短期取引分)

また、ユーロドルのショートのトラップトレードを仕掛けた結果、平均売値で約1.4438にて8万通貨をショートすることができています。

1.4388~1.4788まで100ポイント刻みで4万通貨づつ5トラップ計20万通貨をトラップトレードで仕掛け(上昇から下落に反転するぎりぎりで1.4488がHITしてくれました)ました。

15日の21時40分現在で、以下の短期ポジションを保有しています

ユーロドル 平均売値1.4438

8万通貨ショート(現在値1.4269)

|

為替相場、柳の下に2匹目のどじょうは居ず

トリシエさんが、7月の利上げを示唆する発言をしてユーロ/ドルは一瞬値を上げましたが、すぐ売られました。今回は結果で売られたということみたいですね。

その後、相場が上下に振幅し、結局下落となってしまいました。

為替相場においては、2匹目のどじょうは柳の下には居ないということでしょうか、瞬間的に上昇して待ってましたとばかりに売られたような印象を受けました。

今回は、ストップロス2回の損と反転売りの利益とを合計して、だいたい1ヶ月分のトラリピでの収入分の損失となってしまいました。

「為替相場、柳の下に2匹目のどじょうは居ず」という格言を自分で作って次への作戦の1つとして心に留めておくこととします。

来週のユーロ相場は難しいですが、暗礁に乗り上げたギリシャ支援のごまかしが利かなくなってきている雰囲気を感じますので、ユーロ/ドルは下方向を意識したトレードを考えています。

小額だけショートしておこうか思案中です。

|

ユーロ急騰相場に乗り遅れ?いや、いや、まだ間に合うと思うのですが。

米雇用統計の結果が悪く、ユーロドルは1.4500あたりから1.4635まで約135ポイントの上昇を見せました。

現在のユーロの上昇要因としては

  1. 米雇用状況が改善しない事によるドル売り
  2. ソブリンリスク緩和によるユーロ買い
  3. ECB利上げ観測によるユーロ買い

と綺麗に3つも揃っています。

特に3番目のECBによる利上げについては発言を含め結果はどうなるかわかりませんが、7月の利上げの可能性は高と思われているようです。

そうなると、6月9日のECB政策金利発表(トリシェECB総裁定例会見)に向けて思惑によりユーロドルが更に上値を伸ばして行く可能性が高いと見ました。

ユーロドルは1.4900~1.5000あたりを目指して更に上昇して行くのではないでしょうか。

来週は以下の指標の発表が予定されています。指標の結果、一時的にユーロドルが下げる場面があったら、そこはユーロドルの押し目買いのチャンスとなるのではないでしょうか。

6日(月)
ユーロ圏消費者物価指数(4月)
7日(火)
ユーロ圏小売売上高(4月)
8日(水)
米ベージュブック(米地区連銀経済報告)

但し、ユーロを買いに回る場合は、ギリシャ問題を始めとするソブリンリスクについて常に頭に入れておくトレードをしなくてはならないので、ストップロスは必須です。

来週の初め頃にユーロドル5万通貨程度のロングポジションを仕込み、上記指標が悪くユーロが下げた場面では追加ポジションを取り、ECB政策金利発表前までには決済を完了するという戦略が良いのではないかと考えております。

|

豪ドル円、NZドル円、ランド円の絶好の買い場がやってきたかも

俗に高金利通貨と言われ、日本人が好きな通貨ペアでもある豪ドル円、NZ円、ランド円は、6月の日本のボーナス月に外貨、外債として買われるため、よく上昇する事があると言われています。

実際に買われた結果、相場が上がるというのもあると思うのですが、思惑で動いている部分も結構あるのではないかと思っています。

また、その時の相場の状況にも左右するでしょう。

今回は、米の指標が予想より悪化し、クロス円が下落した状態でボーナス月に突入したので、下げた場面では素直に買いで立ち向かえば、結構な勝率で勝てそうな気がします。

本日は、米雇用統計が発表される日です、予想どおり指標が悪いものとなり、高金利通貨が下げたらそこは絶好の買い場になると予想します。

同じ考えを市場が持っていれば、下げても限定的ですぐ値を戻すような相場推移となるのではないでしょうか。

指値で指標を待つ場合は、急騰を想定したロングの逆指値のみで待ちうけ、急落したら反転するのを確認してからロングを仕込む・・・これでいけそうな気がします。

|

難解な局面のユーロ/ドルはダブルの逆指値戦法でいくことにしました

ユーロ/ドル相場には、今、2つの可能性があります。

1つは利上げ観測による上昇の相場で、もう一つはソブリンリスクによる下落の相場です。

ユーロ/ドルはどちらかに振れれば、一方向に動きやすい通貨ペアであるので、思案した結果、方向感が出た方にどちらでも順バリできるように、「ダブル逆指値」の戦法でいくこととしました。

○上昇相場を想定した逆指値として

1.4133 10万通貨買い(ストップロスは1.4048)

●下落相場を想定した逆指値として

1.4005 10万通貨売り(ストップロスは1.4090)

で、待ち構えました。

ちなみに1.4133は1時間足のボリンジャーバンドの+3σで、1.4005は-3σです。

本日の朝に指値をセットして、夜あたりにブログ記事を書こうかなと思っていたら、なんと早くも上昇相場想定の逆指値(1.4133買い)が約定してしまいました。

20時50分現在で、1.4180あたりまで上昇して来ています。この先しっかり1.4200を抜けてくるようであれば、トレーリングストップに変更して大きく利幅を狙っいきたいと思います。

|

来週のユーロですが、う~ん、正直よくわかりません

ユーロ/ドルの買いから入るトラップトレードは、1.4255から下に3本指値約定した後、反転上昇し1.4300を超えて来たので、平均買値付近にストップを変更しました。

その後、ギリシャ危機再燃で下落した結果、ストップにかかり、結局ほぼ損益+-0で決済となり、短期トレードのポジションは無くなりました。

さて、来週のユーロですが、う~ん、正直よくわかりません。

以前からわかっていたことなのですが、ギリシャ問題はどうにもならないだろうし、果たしてどういう落とし所があるのかも見えてきません。

また、ユーロは利上げの可能性もあるし・・・

今年は、豪ドル円の買いでの約134万円のプラスと、ユーロドルの売りでの約48万円のプラスという大きい利幅が取れていますので少し長めに休んでいても良いかなと思っています。

とりあえず、短期トレードは様子見で、その間のトレードはどんな時でも動いてくれているカナダドル円のトラリピに任せておこうかなと思っています(ほったらかしでも月20万超あるので大変助かっています)

最近はチャンスが来るまである程度待てるようになりました。昨年の夏くらいからですかね。このころから短期トレードでもプラスをうてる回数が多くなったような気がします。

|

豪ドル/円が再度60円を切る場面を見ることになるのでしょうか・・・

来週は16日にユーロ圏財務相会合がありますね。

恐らくギリシャの救済について話し合いが行われるのでしょう。

会合の中で何らかの対策が決定されれば、それが「なんだそりゃ」と思うようながっかりするような対策でも、対策さえ出れば、とりあえずは市場はユーロ買いに向かうような気がします。

昨年でしたっけ、EU圏の銀行のストレステストの条件が発表された時に「なんだそりゃ」と思うような緩いストレステスト基準が示されましたが、その時でもユーロはとりあえずは上昇を開始しましたからね・・・

ただし、ギリシャへの対応を失敗するとリーマンショック以上の甚大な影響が出るとも言われています。

もしそのような事態となると、高金利通貨(=リスク通貨)である豪ドル/円などは急落し、再度60円を切る場面を再び見ることになるのかもしれません。

また、今はあまり目が向けられていませんが、中国のバブル破裂というのもいずれはあるのではないかと思っています。

とにかく、今の為替相場はかなり大きいリスク要因を複数抱えている事を自覚して、十分なリスク管理をしておくべきだと思います。

全財産に近い金額を長期投資に回している方で、豪ドル/円が60円を切ったらロスカットなんてのは、私から言わせればポジションの持ちすぎです。危険ですよ~

新聞記事で○○ショックなんてのが紙面を賑わすたびに、数千人の破産者を生み出すのが為替の世界ですから。お互い気を引き締めていきましょう。

|

損切りなしトラリピのロスカットレベルを74.95円付近に想定している人は、私から言わせれば全員破産予備軍。

本ブログも早いもので開設してから4年目に入りました。

途中、ブログの更新がおっくうになり約1年半程度休んでおりましたが、更新再開につき昔の同時期に開設されていた他のブログの状況を見てみました。

更新が止まっているブログもみかけられ、今でも元気でFXをやられているのだろうか・・と少し心配になりますね。

本ブログも更新を長く止めていたので、逆に心配して頂いているような書き込みもありましたので、Q&A形式で私の近況やFXの考え方について記事することとしました。

Q.トラリピの記述が無いのはトラリピで一旦破産して、出直したということですか?

A.トラリピは、カナダ/円の売り買い両建てのトラップポジションを広範囲に仕掛けることができまして、急落相場の際に買ったランド/円(平均買値9円台前半)のスワップ金利と併せて毎月約20万~30万円の安定収入を得ております。

Q.あなたの作成したポジション管理ソフトがFX商材のおまけになっているようですが、商材業者となにかの契約をしたのですか?

A.ネットサーフィンしていて、自作ソフトが勝手にFX商材のおまけにされているのに気がつきました。なにか「伝説のソフト!」であるような説明があり、公開から3年しか経っていないのに伝説かとツッコミたくなりますが。とにかくFX業者が勝手におまけにしているのであって一切契約などはしておりません。

Q.損切りなしのトラリピをどう思いますか?

A.ありだと思いますが、題名にあったように直近の急落時の相場以上の下落・・・そうですね、ロスカットレベルを豪ドル/円ですと74.95円あたりに(3月13日記録)想定している方は私から言わせれば全員破産予備軍です

このレベルのリスク管理をしていて急落相場の時に退場となった方々をいやとい言うほど見てきました(メールで相談も頂きました)

Q.損切りありのトラリピをどう思いますか?

A.当然ありだと思います。ただし、この方法でうまくトレード出来る人(つまり損切りレベルの設定がうまくできる人)は、トラリピなんかやめて短期トレーダーになってください。それだけの能力があればたぶん成功するのではないでしょうか。

以上です(^^)。

私の今後の目標は、トラップトレード(リピートなし)などの短期トレードにて資金を増やし、現在安定収入を得ているトラリピのレバレッジを1倍にまで持っていくことです。

|